事業起ち上げ奮闘記

新型コロナウィルスによる影響と協業案件の募集

昨年末より、準備を進めていたJapanWonderGuideのキックオフを、
無事、東京と京都で行うことが出来ました

お集まりいただいた皆様におかれましては、誠にありがとうございます!
 -東京でのキックオフの様子
 -京都でのキックオフの様子

多くのエネルギッシュな方々が集まり、
とても明るい未来を感じられる素敵な時間でした

さぁこれからだ!という時に、コロナウィルス騒動が起こり、
御多聞に漏れず、大きな影響を受けています

オリンピックを控え、観光はとても盛り上がっているタイミングでした
これまでは「ガイドでは食えない」と言われていましたが、
これはガイドも職業として確立するのでは、というのが見えていた矢先でした

どれだけ影響が続くかはわかりませんが、
平常に戻ったとして、観光客が戻ってくるのはその半年後と仮定すると、
6か月~1年間は沈んだ環境が続く可能性があります

企業として生き残れるか、という問題にも直面しますが、
ガイドの方々が、ガイドという仕事に向き合う熱意を失わないか、という
問題もあります

でも、これは今後10年、20年先まで成長していく上での試練だと感じています

ホントに目指す世界を実現できるのか
ビジネスモデルやビジョンを磨くための地固めの時間です

ピンチだからこそ、改革も進めやすいタイミング

ゲストとガイドの安全第一に取り組みつつ、
ステップアップの機会に変えられるよう向き合っていきたいと思ってます

多大なる影響を受けたこの1週間

私たちのメインのゲストは主に欧米豪の個人旅行者ですが、
この1週間は特に、キャンセルのメールの多さに目を当てられない状況でした

実際どのような状況かというというのを理解しやすいよう、
前年の同時期と比較したグラフがこちらです

2019年10月―2020年2月と前年を比較したグラフ

昨年10月から12月までは、前年比+30%超で純粋に推移しておりました

例年であれば、
「1月下旬から、桜シーズンに向けて申し込みが急増!」というタイミングで、
新型コロナウィルス問題が顕在化してきました

2020年1月23日に武漢が閉鎖したころから若干の陰りが出てきました

でも、この頃のキャンセルは、武漢から来る予定だった方含め、一部でした

まだ、中国と一くくりに
「東アジア危なそう」と考えられているのだな、という状況でした

ただ、じわじわ影響が広がる中、欧米豪圏への影響が加速化したのは、
東京マラソンの一般参加中止決定のニュースと
ダイヤモンドプリンセス対応だったように思います

それにより米国の渡航警戒レベルが引き上げられ、
「日本危ない」と追い打ちがかかったのは、必然だったように思います

「日本に旅行したら、戻ってくるころには14日間隔離される可能性がある」
そうなってしまっては、多くの人は、日本行きを諦めざるを得ません

直近一週間では、
ざっと前年比で20分の1、期待値からすると30-40分の1程度の増加となりました

なお、ここでの「申込数」の算出にあたっては、
申込数-キャンセル数で計算してます

申込も少ない中、多数のキャンセル連絡を日々いただいている状況です

私たちも非常に苦しいのですが、
それ以上に、ガイドの方にキャンセルの連絡をするというのが何とも辛いです

こんな世界を描こうと思っていた矢先に、
「職業としての地位の確立」どころか、その前段階で躓きそうだなんて…

ゲスト・地域双方に通じたスキルの高いガイドコミュニティを創り、観光人財の育成を通じて観光立国に貢献していく
1.日本のガイドの質を世界一に育て、職業としての地位を確立する
2.地域の消費拡大・交流人口増に貢献し、持続可能な観光の活性化を目指す
3.民間外交官として、国境を越えた相互理解の促進・世界平和に繋げる

https://japanwonderguide.com/about-us/

通訳ガイドを活用した協業案件の募集

でも、これも何かの縁だと思うんです

日頃から「ガイドとしての職業を確立するうえでは、
ガイド以外の活躍の場も必要なのでは」という仮説を持ってました

それは、ガイドの講師であったり、観光に対するアドバイザーであったり、
そのようなものをイメージしていました

結果的に、日本の観光の底上げにもあるし、
日頃のガイドにも還元されるし、ガイドの地位向上にもつながるはずだ、と

ただ、なかなか日々追われる中で、それについて考える時間もありませんでした

ガイドの方々も忙しくて
ガイド以外のことを考える時間は十分に取れていなかったと思います

でも、今回のキャンセルが続く中で、ぽっかり時間があく方が出てきました
普段なら引っ張りだこの方も、時間が不本意にも空いてしまっていたりします

そして、SARS同様、ウィルスが去れば、また観光の流れはやってきます
この期間にどれだけ体制を整えておくことが出来るかは重要です

ということで、正直なところ私たちもリソースが浮く部分もあり、
ガイドの方々の仕事創出も含めて、体制強化支援にも力を割こうと考えています
通訳ガイドとして活躍している人財を活用した協業案件をお考えでしたら、
是非お声がけください

「集合研修によるガイドの教育」等はまだ様子見かと思いますが、
地域に根差したガイドコミュニティの醸成や、
エースガイドによる観光ルートの造成・ガイド台本の作成、
ガイドのポイントの整理(例:谷根千)など、
こんな時期にリモートでもできることもあると考えています

形がなくても何かできそうであれば、ブレストからお付き合いします

弊社には、これまで培ってきた、
高評価を頂く通訳案内士を中心としたガイドのネットワークがあります

ここまで盛り上がってきた勢いを続け、
さらに10年20年先を盛り上げて、世の中を明るくするためにも、
今年は、がむしゃらに、目の前のものと向き合っていきたいと思います

改めて、
ノットワールドでは、JapanWonderGuideにて
ゲスト・地域双方に通じたスキルの高いガイドコミュニティを創り、観光人財の育成を通じて観光立国に貢献していきます
1.日本のガイドの質を世界一に育て、職業としての地位を確立する
2.地域の消費拡大・交流人口増に貢献し、持続可能な観光の活性化を目指す
3.民間外交官として、国境を越えた相互理解の促進・世界平和に繋げる

このような状況下でも、
できること、価値を出せることと向き合っていきたいと思いますので、
何か協業できそうな可能性を感じましたら、お気軽にお問い合わせください

P.S.
普段お世話になっているガイドの皆様には、
弊社の対応指針をメールにてお送りさせていただいておりますので、
ご確認ください