JWG:無料ウェビナー「20代・30代の現役ガイド・ガイド経験者から見た通訳ガイドの経験と可能性」開催のご案内

お知らせ

ノットワールドが運営するガイドコミュニティJapanWonderGuide(略称JWG)では、6月14日(火)20:00-21:00に無料ウェビナー「20代・30代の現役ガイド・ガイド経験者から見た通訳ガイドの経験と可能性」を開催します

ウェビナー実施の背景

現在、コロナ禍において外国人観光客の動きは止まっていますが、インバウンドは日本の成長戦略において重要な領域です。また、高付加価値化が求められる中で「ガイド」の存在に注目が集まっています。

一方で、「ガイドだけでは食べていけない」という従事者の声も多く、実際に全国通訳案内士の9割は40代以上とも言われています。結果、若い人が興味を持っても、周りにガイドをやっている人がおらず、話を聞くことができないという状況があります。

今後、サービスの向上のためには、担い手のすそ野を増やしていくことも重要であり、今回は、20代・30代で、実際にガイドとして活躍している方、あるいは、ガイド経験を経て企業で働いている方にご登壇いただき、ガイドの仕事の魅力や、ガイドを通じて身に付けられるスキル、今後の可能性等についてお話をしていきたいと考えています

実施概要

日時:6月14日(火) 20:00-21:00
場所:オンライン(Zoom webinarを利用)
登壇者:
 -加藤 史
 -執行 まゆ 
 -根本 耀 
 -佐々木 文人(ファシリテーター)
参加費:無料
参加対象:どなたでも大歓迎
 -10代、20代、30代でガイドに興味のある方、国際交流に興味のある方
 -自治体・観光協会等で、若手のガイドの活用に興味・関心のある方
 -ただ単に話を聞いてみたい方

詳細・お申込み

詳細・お申込みについては、JapanWonderGuideのホームページよりご確認ください

無料ウェビナー:「20代・30代の現役ガイド・ガイド経験者から見た通訳ガイドの経験と可能性」
ガイドってどんな仕事!?コロナ禍で長い間鎖国状態でしたが、インバウンド再開がようやく見えてきました。インバウンドは、日本の経済政策上、重点領域ですが、特に、観光庁が高付加価値化に取り組む中で「ガイド」の重要性が議論されています。現在通訳ガイ

タイトルとURLをコピーしました