お知らせ

【ウェビナー 】「地域」×「アート」が生み出すもの

近年、日本全国各地において、アートへの注目が集まってきています。
大きなものでは横浜トリエンナーレ、大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭などといったビエンナーレやトリエンナーレの開催、もっと規模の小さなものでは店舗レベルやスポットレベルでのアートを使った観光振興や地域おこしのプロジェクトなど、大から小まで様々ですが、観光振興や地域活性化へのアプローチとしてアートを活用する事例が増えています。

今回、ほむすびチームでは「地域」×「アート」をテーマに無料ウェビナーを5月28日(金)、DMO十和田奥入瀬観光機構理事長の小野田金司さん、彫刻の森芸術文化財団ディレクターの坂本浩章さんをゲストに迎え開催します。
アートを活用した面白い地域プロデュース事例について、アートが人や地域にもたらすパワーについて、さらには地域に眠るアーティストとの出会いについて、豊富な実績と見識を持つ二人のゲストからそれぞれの視点からのお話を伺い、地域×アートによる観光まちづくりを考えていきます。


本ウェビナーのお申込みはこちらから
https://us02web.zoom.us/webinar/register/4616208742767/WN_ojeylLgkRwWTnmzc1sT-Rg

■ウェビナー概要
【ほむすびウェビナーvol.4】「地域」×「アート」が生み出すもの
・日時: 2021年 5月28日(金)13:30~14:30
・会場: 本セミナーは、zoomを使用したウェビナー(オンラインセミナー)となります
・参加費: 無料
・参加方法: 事前申し込み制
 ※後日見逃し配信も実施予定
 ※地方自治体やDMOの方、観光や地域ビジネスに取り組む事業者さん、地域おこしに関心のある方向けの内容ですが、どなたでもご参加いただけます
https://us02web.zoom.us/webinar/register/4616208742767/WN_ojeylLgkRwWTnmzc1sT-Rg
 ↑リンク先よりご登録いただけます。

■登壇者紹介 *登壇者詳細プロフィールは後日更新
<ゲストスピーカー>

・小野田金司 (十和田奥入瀬観光機構 理事長、大阪観光大学 教授)
1957年和歌山市生まれ。
1980年より近畿日本ツーリスト、2002年よりベンチャー企業の役員を経て、2007年より大学教授(神戸夙川学院大学)。
学生時代より地域イベント・プロモーション事業(熊野、和歌山市)やロックフェス(神戸)を数多く経験。
2013年より文科省や観光庁のプログラムとして社会人の観光人材育成にも取り組む。受講者はのべ2000名を超える。
「阪神淡路大震災を風化させない」をテーマにするチャリティロックフェス「COMING KOBE」実行委員理事、高校生の観光コンテスト「観光甲子園」主催するNEXT TOURISM代表理事、1982年よりロックバンド、ジャマ―バンドでボーカルも担当。

・坂本 浩章 (公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団 環境芸術担当部長)
1966年神奈川生まれ、公益財団法人彫刻の森芸術文化財団環境芸術担当部長。
主にパブリックアートのコンサルタントを行い、「丸の内仲通りストリートギャラリー (東京・丸の内)」、「白川公園彫刻プロムナード(名古屋市)」「福井市彫刻のあるまちづくり(福井市)」「裏界線アートプロジェクト(長野県飯田市)」「比叡山彫刻プロムナード」「アートプジェクト和歌浦の丘(和歌山市)」「熊野の森アート&ミュージックプロジェクト(那智勝浦町)」「指南宮(台北市)プロジェクト」他多数の街づくり事業、地域活性事業に関わる。
また、彫刻の森美術館の展覧会に複数の立案(彫刻の森美術館40周年展、森の玉手箱展、子どもと遊ぶ美術館等々)、50周年周年事業、他館での展覧会にも協力。「六甲ミーツアート芸術散歩2010〜2018(事業は継続中)」「としまミュージアム( 2016 )」「ART SCRUM(2019)」総合ディレクター。「ARTBAY TOKYO(2018~)」東京都のアートアドバイザー など多数のプロジェクトを立案。

<運営/MC>

・河野 有 (株式会社ノットワールド 取締役)
株式会社電通での約8年間の在職後、1年間世界一周を経て2014年に株式会社ノットワールドを起業、取締役。
訪日外国人観光客(欧米豪FIT)向けのツアーを企画・催行(5年間で2000件以上のTripadvisorレビューがあり、95%以上が★5つ)。
コロナ禍で、国内外に向けたオンラインツアーを開始し運用中。
上記自社事業で蓄積したノウハウをベースに、日本各地でガイド育成・ツアー造成・OTA掲載支援・プロモーション・オンラインツアーの展開等の支援業務を実施。
通訳案内士、総合旅行業務取扱管理者。

・西村 和薫 (株式会社ノットワールド KNOT創出事業部)
大阪生まれ、育ちは関東。
現代アートの聖地と呼ばれる香川県直島のベネッセハウスにて5年間ホテル勤務の後、カナダ留学・南米へのバックパッカーを経て株式会社ノットワールドに入社、京都支部在籍。
関西方面でのガイド育成、インバウンドまちあるきツアーの造成に加えてVIPなど長期滞在者に向けてのトラベルコンシェルジュを担当。コロナ禍以降、外国人向けオンラインツアーの造成に着手。
2020年6月から12月にかけての期間で地域おこし企業人として一般社団法人那智勝浦観光機構へ出向。
那智勝浦での任期終了後はノットワールド京都支部へ帰還、「ほむすび」立ち上げに向けて奮闘中。

■開催背景
ほむすびウェビナーは、株式会社ノットワールドの《「HOME」×「結ぶ(=Knot)」》をコンセプトにしたプロジェクト「ほむすび」の事業のひとつです。地域で面白い取り組みや創造的な取り組みをされている方をお招きし、熱いお話を伺い、今後の地域づくりについて考えを深めることを目的としています。地方自治体やDMOの方、観光や地域ビジネスに取り組む事業者さん、地域おこしに関心のある方向けの内容が中心ですが、どなたでもご参加いただけます。
第4回目となる今回のウェビナーでは地域とアートの素敵なコラボレーションが各地で生まれつつあることを鑑み、「地域」×「アート」という文脈から地域づくり・観光まちづくりをテーマにした60分をお届けします。