メンバー紹介

佐々木 文人 (ささき ふみと):代表取締役    hp-icon  FaceBook-icon  twitter-icon  instagram-icon

“目指せ47都道府県制覇。(あと5つ。)”

fumito_profile東大出身でコンサルにも身を置いていた常に冷静沈着に物事を推し進める、ザ・インテリCEO佐々木さん。しかし、美味しいものには目がなく、愛娘は目に入れても痛くないほどのかわいがりようです。
奥様との新婚旅行は太っ腹の世界一周。持って生まれた運もあって入場権を得るのが極めて困難なThe Wave(砂漠の化石)のロッテリーに見事当選。遭難者も出るほどの道のりを歩き続けて訪れた秘境は絶景だったそうです。
紆余曲折を経てインバウンドの旅行会社ノットワールドを創業。当時日本にはあまり存在しなかった個人旅行者向けガイドツアーの需要開拓をコツコツとすすめ2017年は1000人/月のツアー集客を達成、さらなる拡大を目指して共にがんばるスタッフを人形町の美味しいもの屋で癒してくれますよ♪


河野 有 (こうの ゆう):取締役    FaceBook-icon  twitter-icon  instagram-icon

“情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう!”

yu_profile元祖エクセレントツアーガイドで見えないはずの気合を体現しちゃうスゴイ人、河野さん。佐々木CEOとは中学~大学までの学友です。どれだけ飲んでも翌日きっちり仕事をこなせるのはボクシングで造り上げた身体と某D広告会社での経験のおかげでしょう。
世界一周では夜中のインドでいつまでたっても来ない予約車両をまちつづけ(心理的に)凍える夜を過ごしましたが、こちらも強運の持ち主。翌朝には無事ピックアップされて、アフリカ中南米も難なく周りきりました。
ノットワールドの創業メンバーであり、その抜群のフットワークでどこへでも営業します。ツアーコースを回れば誰もに声をかけるし、声をかけられる有名人。あふれる開拓者精神でおもしろツアーを打ち出すべく日々アップデートしています。


佐々木 純子 (ささき じゅんこ):取締役

“今度は家族4人で世界一周!”

junko-profile幼い2児のお母さんですが、事務所のみんなのお母さんでもある純子さん。出産直前も直後も会社のみんなが気になって事務所へ来ちゃう、メールチェックしちゃう、溢れる母性と鋼の精神の持ち主です。隠れた趣味は週刊誌(FRIDAYなど)をチェックすること、もちろんスタッフの秘密も握ってる?!
世界一周では夫妻の趣味でもある美味しいものに舌鼓。一番のおすすめはタスマニアの生ガキだったそう。余談ですがメキシコで食べたエンチラーダには味覚が狂ったのかと完全に箸が止まったそうです。
創業者メンバーの一人でツアー開発に尽力したと同時に拡大にともない増え続けるガイドとスタッフ(総勢約90名!)から上がってくる事務手続きを一手に引き受けてきた縁の下の力持ち。ノットワールドが遊べるワールドカンパニーになるといいな~♪


川村 達哉 (かわむら たつや):京都責任者     FaceBook-icon  instagram-icon

“丁寧に生きる!!”

tatsuya-profileセラミックのように白い歯を光らせる、我らがはにかみ王子の達哉さん。関西人なのにボケられないなんて揶揄されてますがイケメンなのでOKです!京の夜の街に外国人と繰り出して飲み歩く姿は帝王の貫禄あり。
こちらもワールドトラベラー。ヨーロッパ自転車横断中にセルビアで野犬とともに過ごした一夜は二度とは経験したくないアンスイートな夜だったみたいです。この旅行中にブラジルのサンバカーニバルではしゃぎすぎて泥酔、佐々木夫妻に救済されました。
恩人に報いるべく参加したノットワールドでは京都オフィスを現状一人で運営。ガイドもオペレーションも人事もこなすマルチな才能ですが、仲間がほしい。仲間がほしいねーん(大切なことなのでもう一度いいました)。大胆に見えて実はみんなの目が届かないところもさりげなく気がついてくれる繊細な人(のはず)です。


小井戸 友紀子 (こいど ゆきこ):オペレーションチームリーダー 兼 中国語事業責任者  FaceBook-icon

“謝謝你們來日本玩!”

  超(サイヤ)人koido-profileと呼ぶにふさわしい熱量を発し続ける小井戸さん。かつて世界的衣料品メーカーU社店舗の長だったというのも大納得です。そして華奢な身体ですがまぁ、よく食べる、しゃべる。エネルギーの源の様です。
台湾での駐妻時代も子育てしつつ世界3大難関言語の中国語をマスター。現地人に負けない熱意で台北を案内したり、外国人向けの台湾体験のイベントを催行していました。
ノットワールドではオペレーションチームを束ねる頼もしいリーダー。英語での業務中に加油とか沒問題とか独り言が出てしまうほど台湾を愛しており、野望は中華圏の訪日旅行者全員と友達になること、ですって!


大北 くみ子 (おおきた くみこ):通訳案内士 兼 オペレーション・ウェブ担当

“タビビトと時間をシェアする”

IMG_08892つのディスプレイを使いこなし、ゲストにもガイドにも的確な情報を提供する。どんな状況においても表情は笑顔と真顔のみで、満員電車に1時間揺られても決してイライラしない、ストレスフリーの神、大北さん。
海外での経験も豊富で、イギリスではホームステイをし、ロンドン南部に位置するブライトンでは潮の香りとビーチの美しさに涙を流す寸前までなったそう。エジプトに行きたい欲が強く、飲み会ではカラのジョッキが彼女の前にピラミッドをつくります。(10杯は楽勝です)
あてもなく路線バスに揺られてどこかへ行くのが好きな彼女は、CSのみならず築地砂町のガイドもこなし、ゲストを大北ワンダーランドへといざないます。


岡本 拓土 (おかもと たくと):東北地方立上げ準備 兼 オペレーション担当   hp-icon  FaceBook-icon  

“観光を通じて、たくさんの人を笑顔にします”

okamoto_profile達観しすぎてアラサーと間違われる若干21歳ホープ、おかもっちゃん。愛知の田舎でのびのび育ち、同じく農業の盛んな東北の大学へ進学。学生の身で事業を立ち上げ、リーダーシップを発揮してきた彼は、本当に誰より大人なのかも。
これまでバングラデシュやインドの一人旅にも果敢に挑んできました。問題は優しいその性分がいつも同性を魅惑しちゃうみたい、、、です。
ノットワールドには長ーい脚の華麗なドリブルさばき(元サッカー部)と将来性を佐々木CEO(元サッカー部)に見込まれて仲間入り?!現在はガイドのファンタジスタとなるべく修行中。東北地域の資源で3.11をいかに伝えるかという課題に残りの学生生活をかける! 自然を愛するパートナーも募集中


平良 眞理 (たいら まり):バックオフィス担当

“長屋のおかみさんになりた~い!”

Taira-sanみんなの人生の先輩たいらさん。年齢はダブルスコア、でも、みなぎるやる気は誰にも負けない。社会人生活はもう十分がんばったはずなのに、まだがんばる。未開拓の分野へ挑戦しつづける好奇心にあふれたお姉さんです。
江戸時代の芸事“かっぽれ”に情熱を注ぐこと10年。大舞台に立つ日を夢見て地道にステップを踏みつづける日本文化の継承者でもあります。
バックオフィス重鎮の座を狙って、スマホだって、LINEだって、使いこなしてやろうじゃないよ!と己に発破をかける姿には脱帽です。相棒のピンクのスニーカーとどこまでも進んでいってください。


森下 佳菜 (もりした かな):オペレーション担当

“アメリカ移住計画中!!”

Kana-san完璧な標準語のおしゃれな東京シティガール!と思いきや、実はばりばりの関西人かなちゃん。かわいい見た目からは想像できないけど某喜劇団体で笑いを巻き起こしていた過去があるそう。現役で1日14回、コンビニの天の声もしています。
トロント(カナダ)でのワーホリ経験で海外旅行にはまり、ケアンズで空中飛行をしたり、ドラマ・ゴシップガールにあこがれて単身N.Y.へでかける行動派。
どこかに語学を活かせるいい仕事ないかな~と探していたら創設メンバーのレーダーに引っかかって見事にマッチング。楽しく働きながら、エンターテイナーとしての経験を活かしたKNOTを追及中。