京都】嵯峨野・嵐山ガイドのポイント

京都の一大観光地として、大人気の嵐山エリア。そして、嵯峨野エリアは観光客も少なく、ねらい目のエリアです。
Touristicな場所はとりあえず押さえつつ、どう裏道を見せるか、がガイドの腕の見せ所ですね。

竹林以外の嵯峨嵐山も見てみましょう!

ゲストが興味を持つポイント

  • なんといっても”竹林の道”
  • ゆったりした大自然
  • 特徴がある、素敵な寺社
  • 隠れ名所、嵐山モンキーパーク!

事前に抑えておくべき注意点

  •  混み具合をチェック
    • 桜の時期、紅葉の時期は非常に混みます。朝早くか、夕方だと比較的空いてます。
  •  歩行能力
    • エリアとしては広いので、要確認。(モンキーパークは特に)
  •  ハイライトと裏道をしっかり押さえておく
    • ハイライトだけだと、観光客ばかりなのでガイドの価値を出すのが少し大変

ガイドが発揮できる価値

  • ハイライトでは、面白解説を用意しておく
  • 裏道も合わせて通り、楽しい散策をする
  • 素敵な写真を撮って思い出に残してあげる

エリア情報

嵐山

嵐山の名前の由来には諸説あるようですが、「春になるとたくさんの桜が咲いて、風が吹くと桜吹雪になる。秋になると紅葉が彩り、散るとその葉っぱが舞う。そのさまを見て嵐山と名付けられた」という説があり、聞いた時に素敵だなと感じました。

  • ハイライト
    • 平安時代から、貴族の別荘地だった。
    • 竹林の道
      天龍寺の裏口周辺(大河内山荘手前)と、野宮神社周辺の2か所がある。

      • ゲストのベストショットを納めてあげられるよう、これだという構図を持っておくと便利です。
        (Googleで検索すると他の人の写真が出てくるので真似ましょう)
    • 渡月橋
      後醍醐天皇が月を眺めたという渡月橋。
      橋のゆるキャラもいますよ。
    • 天龍寺
      日本で最初の特別名勝。借景を取り入れた曹源池庭園。
  • 寺社・庭園など含めた観光スポット
    • 法輪寺:十三まいり、で有名なお寺。電気の神様を祭っている神社も!?
    • 大河内山荘:昭和初期の俳優大河内伝次郎による日本庭園。入場料に抹茶も含まれてます。
    • 野宮神社:良縁・子宝・学問の神様ということで、参拝客が後を断ちません。
  • 隠れスポット
    • 御髪神社:頭や、髪の毛の神様を祀っています。祈りたい!!
    • 嵐山モンキーパーク:JR嵯峨嵐山駅側から、渡月橋を渡った所にある猿を見れる公園。
      お昼のランチタイムは猿たちもハッスルです!
    • 嵐電嵐山駅:駅舎内に、足湯があります。
    • JR嵯峨嵐山からロマンチック鉄道に乗り、保津川下りをするゲストも多いです。

嵯峨野

  • ハイライト
    • 平安時代は、風葬したりする化野だった。
    • 普段は人が少なく、のんびり散策できる。
    • 日本昔話のような風景
  • 寺社・庭園など含めた観光スポット(冬には閉まっている事も多い)
    • 大徳寺:庭園が美しいです。特に紅葉の季節。
    • 愛宕念仏寺:1200体のお地蔵さんがいる。最近のものが多いので、サングラスをかけてたり、ギターをもってたり、ユニークなお地蔵さんが多い。
    • 化野念仏寺:8000体もの石仏がずらっと並ぶさまは壮観。
    • 常寂光寺・二尊院:紅葉の名所
    • 落柿舎:日本の昔の民家の様子がわかる
    • 祇王寺:苔が非常に美しい。祇王の逸話にも涙。

季節情報

  • 春と秋の桜・紅葉シーズンは大変混みあう。(嵯峨野は秋が特に混む)
  • 夏の竹林は青々として非常に素晴らしい。
  • 冬の嵯峨野は閑散として寒々しい。(レストランなども休業)
  • 12月中旬には花灯路があり、混雑はするが夜景がとてもきれい

旅程スケジュール案(時間は大体のイメージ)

  • 嵐山のみ、2時間プラン
    • 渡月橋→天龍寺→竹林の道→大河内山荘→竹林の道→野宮神社
  • 嵯峨野嵐山、3時間プラン
    • 渡月橋→天龍寺→竹林の道→常寂光寺→祇王寺→野宮神社

※行程案は絶賛募集中です。実際ガイドした際の行程を教えてください。




Be the first to comment

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.