東京】皇居の一般参観の整理券取得方法

「皇居の中を見たいんだ」

ゲストからたまにそのような要望を受けることがあります。

そういったゲストの要望に応えるため、ここでは皇居の一般参観の説明と整理券取得方法について記載します。

 

1日限定1000人が皇居内に入れる一般参観とは

通常、皇居というと東御苑をご案内することが多いですし、多くのガイドさんは東御苑を好みます。
しかし、「一般参観」という名目のもと皇居の中を参観することができます。

午前は10時から、午後は1時半からの1日2回で、所要時間は1時間15分です。

ただし、次に掲げる日及び時間帯は参観が休止されていますが、
皇居東御苑が閉まっている金曜日も見れるというのは一つのポイントかもしれません。

月曜日はどちらにしまってるので注意が必要です。

  • 日曜日,月曜日,国民の祝日に関する法律に規定する休日(ただし,当該休日が土曜日である場合を除く。)
  • 7月21日から8月31日までの午後
  • 12月28日から翌年1月4日までの日
  • 行事等の実施のため支障のある日(回)

 

一般参観にツアーで訪問するメリット・デメリット

メリット

  • 普通では入れない場所に入れる
  • オーディオガイドが充実している

デメリット

  • 1時間15分の間、途中で離脱できない
  • オーディオガイドが充実しすぎていて傍にいてガイドの価値が出しづらい
  • 当日だと整理券が必要で確約ができない
  • 特に面白いものが見れるわけではない…という人も

 

事前に抑えておくべきポイント

  • ゲストが本当に皇居の一般参観を求めているのか東御苑でいいのかのニーズ
  • 当日の一般参観実施の有無
  • パスポート(ID)を持参する旨の確認

 

ガイドが発揮できる価値

  • スムーズな整理券の取得と取得からツアー開始までの間の時間つなぎ

 

一般参観の整理券の取得方法

各回500名中、事前申請が200人、当日が300人となっています。
事前にわかっていれば、事前申請が整理券を取りに行く手間も省けてよいですが、
大体の場合、ゲストに言われるのは急なことが多いのでそちらを中心に記載します。

事前申請手続き

こちらからご確認ください。

http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html

当日受付

整理券は午前分は8:30、午後分は12:00から開始となります。

  • 守衛の方に聞いたら「開始の時刻にいて取れないことはまずない」とのこと
  • 特に午前は10時までに配り切れないこともある模様。午後は日による
  • 1人原則1枚だが、だいぶ空いていれば複数枚配ってくれたりもする

 

チケットの配布は桔梗門の前にて行われます。

 

桔梗門の目の前で配り始められるので奥に進みます。

 

桔梗門向かって右手は、事前予約された方の集合地点となっています。

 

左手に二つの看板が立っているあたりが当日の整理券を配るエリアです。
(整理券の人の集合地点もこの看板あたりです)

 

看板には、数か国語で説明があります。そちらでチケットをもらえます。

 

こちらがゲットした整理券。
8:20頃から配り始め、あとでもう一人来るから、って話をしたら2枚まとめてくれました。

 

あとは、これを持参して、集合時間にIDを持参して並べばOKです。

 

参照HP:

皇居一般参観の充実について




Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください