東京でクラフトビール好きにおススメのお店15選

最近、クラフトビールが盛り上がっています。

日本を訪れる外国人からも「クラフトビールを飲みたい」という声を耳にします。

クラフトビールとは、諸説あるものの「小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのこと」です。(byよなよなエール

では、クラフトビールを楽しむにはどこに行けばいいのか。

都内のスポットをまとめてみました。

クラフトビールを楽しめる場所は大きく3つあります。

「多くのクラフトビールを取り扱っているバー・ショップ」
「クラフトビールの醸造所」
「クラフトビール醸造所の直営店」です。

おススメのクラフトビールを扱っているバー・ショップ

クラフトビールを出している店は今はたくさんありますが、
クラフトビールに精通した方におススメを聞いてきました。

麦酒倶楽部ポパイ(両国)

ビール好きは知らない人がいないといわれるくらい有名なお店。
ビールが注がれる70タップは圧巻。
20時までは一部ビールに食べ物もついてくる太っ腹ぶり。

早めに行けばビール飲んでるだけで、お腹も満たされます。

関連ランキング:ビアバー | 両国駅浅草橋駅東日本橋駅

クラフトヘッズ(渋谷)

20以上のタップと80種類の瓶ビールを常備するお店です。

渋谷、とはいえ、原宿と渋谷の間の静かな場所にあるのでゆっくり楽しむことができます。
IPAとアメリカンクラフトビールを追及したいという方にお勧めです。

関連ランキング:ビアバー | 渋谷駅明治神宮前駅原宿駅

びあマ神田(神田)

2018年4月にオープンしたばかりの「びあマ」。
800種類以上のクラフトビールと10種類のドラフトビールが迎えてくれます。

抜栓量が300円かかるようですが、
その場で飲んで気に入ったものを大量買い、なんて使い方をしているクラフトビールラバーも多いのだとか。

関連ランキング:ビアバー | 神田駅新日本橋駅三越前駅

びあマ+びあマBAR、びあマBASE(北千住)

びあマの本元はこちら。
2011年からクラフトビールの販売を開始し、いまや1500種類とも1800種類ともいわれるクラフトビールを扱っています。

数が多すぎてイメージができない><

びあマ+びあマBARは、北千住西口すぐにあり、ボトルショップと角打ちスペースが一緒になったお店。
びあマBASEは、千住大橋駅が最寄り駅になる、元々は倉庫だったところを倉庫兼角打ちスペースというお店。

個人的にはびあマBASEで特大冷蔵庫からビールを選んで会計するのに惹かれます。とにかくすごい。

びあマ+びあマBAR:東京都足立区千住2-62
びあマBASE:東京都足立区千住緑町 1-22-10

関連ランキング:その他 | 北千住駅牛田駅京成関屋駅

ウォータリングホール(代々木)

西側でクラフトビールを探すなら代々木のウォータリングホール。
IPAを中心とした品揃えで、野菜もおすすめなお店。

「15時からやっていて、明るいうちから飲めるのがいい」

ビール好きの人がそう言ってました。

関連ランキング:ビアバー | 代々木駅南新宿駅新宿駅

目白田中屋(目白)

目白駅徒歩一分。マクドナルド左手前の階段を降りたところにあるお店です。

もともとはウィスキーなどに拘りのあったお店が、
クラフトビールも取り扱い始めているということで、なかなかの品揃えだとか。

武骨なホームページをのぞいてみてください。

職人の雰囲気を感じます。

クラフトビールタップ(新宿)

「世界のビール博物館」の系列店、クラフトビールタップです。
20タップがあり、常時15種類以上の独占直輸入の樽生ビールを提供しています。

関連ランキング:ビアバー | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

アンテナアメリカ(関内)

ちょっと都内を飛び出して横浜まで行っちゃいましたが、
関内にもおススメのお店があります。

あるアメリカのクラフトビールの輸入を手掛けている会社が運営するショールーム兼テイスティングルーム「アンテナアメリカ」

アメリカで非常に人気の高いブリュワリーの商品を輸入しており、現地そのままの味わいが楽しめます。

・・・なので、ここも日本のクラフトビールを求める人には不向きかもしれません。

関連ランキング:ビアバー | 関内駅桜木町駅日ノ出町駅

 

クラフトビール醸造所(ブルーパブ)

T.Y.HARBOR(天王洲)

東京でブルーパブといえば、T.Y.HARBORだよね、って思っている人は多いと思います。

天王洲の運河沿いは、まるで日本じゃないみたい。
アクセスは良くないし、料理はモダンアメリカンだけど、絶好のロケーションで楽しむビールは絶品です。

関連ランキング:アメリカ料理 | 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

アサヒクラフトマンシップブルワリー(浅草)

日本が誇るアサヒビールの本社のお膝元で、店内で醸造したクラフトビールを飲めるお店があります。

浅草には、カンピオンエールというイギリス人オーナーが作ったブルーパブもあり、日本人にはそちらもおススメなのですが、
訪日旅行者に勧めるとしたら、断然アサヒクラフトマンシップブルワリーです。

日本のビールを、本拠地で楽しんでもらいましょう。

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅とうきょうスカイツリー駅

カンピオンエール(浅草)

上述のイギリス人オーナーが浅草に作ったブルーパブ。

ブリティッシュスタイルのエールビールを楽しめます。
英国産モルトやホップが作るビールの味を楽しめるよう、ビールは冷やし過ぎず炭酸も弱く提供している本場仕様。

本場仕様なだけに日本人と、母国の味を恋しがってるイギリス人におススメです。

関連ランキング:バー | 田原町駅浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

 

八蛮(銀座)

銀座にブルーパブがあるって知ってました?
ビール好きが高じて醸造免許を取って店内にビール醸造所をつくったのだとか。

メニューは「2時間飲み放題+おまかせ料理」で4000円(税抜)というワンコースのみ。

気になるお店です。

関連ランキング:居酒屋 | 東銀座駅新富町駅築地駅

ワイワイジーブルワリー&ビアキッチン(南新宿)

南新宿にもブルーパブがあります。

住宅街の一角に突如現れる醸造所。
1階では1人でも気軽に立ち寄れるバー、7階には大人数でゆっくりと食事を楽しめるレストランがあります。

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 南新宿駅代々木駅新宿駅

 

クラフトビール醸造所の直営店

YONA YONA BEER WORKS(赤坂、神田、新宿、吉祥寺、恵比寿、青山、、、)

軽井沢に本社を構えるヤッホーブルーイングが手掛けるクラフトビール。
直営店が、都内にもたくさんあるので見かけたことある方も多いのでは?

たくさんのクラフトビールがあってもそんな飲めないし、
日本のクラフトビールを一点突破したい、という方にはお勧めです。

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

デビルクラフト(神田、五反田、浜松町)

3人のアメリカ人オーナーが日本でクラフトビールを創ろうと立ち上げたのが、デビルクラフト。

大のビール好きが手掛けたビールも美味しいですし、
キッシュのような日本では珍しいシカゴスタイルのピザも絶品です。

関連ランキング:ビアバー | 新日本橋駅神田駅三越前駅




Be the first to comment

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.