インバウンドニュース

2016年1月訪日外客数:前年度比152%の185万人

Jan2016_jnto

先日、日本政府観光局(JNTO)より、
2016年1月の訪日外客数の推計値が発表になりました。(報道発表資料)

昨年度より、52%増の185万人が日本に訪れたとのことでした。

Jan2016_jnto

 

単月実績で見ても、歴代2位、昨年の7月に次ぐ多さということで、
相変わらずのインバウンド人気を見せつけられた気がします。

「街中に外国人多くなったなー」と東京・京都・大阪にいると実感することも多くなりましたが、
国別にみると、全ての国で伸びているわけではない現状が見えてきます。

 

Jan2016_jnto2

2015年12月から2016年1月にかけて、
訪日外客数が177万人から185万人に増えましたが、
その大半はTOP3の東アジア3国がけん引していることがわかります。

むしろ30万人弱はここで伸びたのに、全体が8万人程度しか伸びていないということは、
香港やシンガポール、欧米豪の国からのゲストが1月は減少したということです。

 

それでも、それらの国において、去年の同時期と比較すると、2-3割は伸びているので、
少し落ち着いたものの、依然根強い日本人気ということでしょうか。

タイの旅行博に参加した知人に聞いても日本のブースの過熱具合はすごかったようです。

2月で中国のビザ緩和が一巡します。
伸び率は少し落ち着くかもしれませんが、間もなく桜の時期もやってきます。

私たちとしても風に乗って遠くまで飛べるよう、
まずは自分たちを磨いておきたいと思います。